車買取

MENU

高く車買取りしてくれる店はどこ?

車買取

車を買取りしてもらうことは、人生においてそうそう何度もあることではないですよね。ですから今乗っている愛車の相場なんて素人にはよくわかりません。新車とは異なり、年式や走行距離、傷跡などの度合いによって査定額はとても変動します。

 

相場がわからないのならインターネットの無料一括査定で複数社の見積りをもらいましょう。私の場合、最初に来た買取り店で査定してもらい、50万の値がつきました。正直、いいとこ30万だと思っていたので50万の時点でかなり驚きました。

 

相場を知らないってこわいことだとつくづく思いました。2社目では50万の査定がついたと伝えた上で、見積りしてもらいました。すると55万という結果に。簡単に5万も上がったのです。3社目で60万。私はここで売りました。とても得した気分です。

 

 

車売るなら1万円でも高く売りたいですよね?
私の経験によるものですが、車を高く売るには、買取店選びが1番重要だと感じました。

 

面倒かもしれませんが、出来るだけ多くの買取り業者に査定してもらうのが高く売る秘訣だとおもいます。

 

私が利用した信頼できる車一括査定のサイトを紹介しておきますので、車買取り店を探す参考にどうぞ。
各サイトそれぞれ買取店が違うので、3〜5サイトにほど登録すれば高く売れる可能性がグンと上がるとおもいます!

かんたん車査定ガイドの特徴

かんたん車査定ガイドは、車一括査定の業界シェアはダントツで1位になっています。大手の一流業者からこだわりの専門業者まで幅広く扱っているので、安心して利用することが出来ます。入力時間は最短32秒と業界で最も簡単ですし、申込みと同時に車の概算価格も分かるという点でも非常に便利です。

入力時間 32秒
評価 評価5
備考 最大査定依頼数は10社(無料)

ズバット車買取比較の特徴

ズバット車買取比較は、ガリバー、カーチス、カーセブン、アップル、ラビット、ビックモーター、ユーポスなど主要な買取業者を中心として、約200社以上の買取業者と提携しています。累計利用者数も100万人以上と実績を持っています。すぐに買取の概算価格をネット上で知らせてくれるので、1位のかんたん車査定ガイドと両方とも利用される方がほとんどです。

入力時間 約45秒
評価 評価4.5
備考 最大査定依頼数は10社(無料)

carview

カービューの特徴

カービューは累計利用実績400万人を達成している老舗の車一括査定サービスです。乗用車だけではなく、トラック、バスなどの商用車に、事故車・廃車にも対応しているなど、幅広い範囲で買取をしてもらえるのも大きな魅力の一つです。

入力時間 約1分
評価 評価3
備考 最大査定依頼数は8社(無料)

楽天オートの特徴

楽天ポイントを申込みで5ポイント、買取が成立すれば1,500ポイントもらえます。入力項目は他のサービスよりも多いので、少し面倒なところがあります。レビュー機能が充実しており、業者や車種ごとで他の人のレビューを簡単に検索できるので参考になります。

入力時間 約3分
評価 評価2
備考 最大査定依頼数は10社(無料)

カーセンサーの特徴

リクルートが運営する車総合サイトです。提携企業数は500社以上と一番多いですが、入力項目は他社に比べて多いので5位にしました。急いでいる方は面倒に感じるかもしれません。

入力時間 約3分
評価 評価1
備考 最大査定依頼数は10社(無料)

車の買取価格を上げるには

車の買取価格を上げるには、複数の車買取業者の査定を受けるのが肝心です。買取業者によっては得意とする車の種類があり、買取価格に差が付くこともあります。いくつかの業者に査定をしてもらえば、買取価格の相場を知ることができるので、交渉もしやすくなるはずです。

 

気が弱い方は交渉上手な友人に立ち会ってくれとお願いするといいですね。

 

車を査定してもらう際の大まかな手順は、まずはインターネットなどで一括査定を頼みます。そうすれば、中古車買取業者から入力情報を基にした査定額が出てきますから、査定の高い業者や、信頼できそうな業者を選び、実物をみてもらい、査定してもらいます。

 

査定の金額が満足いくものだったら、契約をして車を買い取ってもらいます。お金は後日に振り込まれる場合がほとんどです。出張買取依頼の連絡をしても車を売らなければならない必要性などはありません。買取価格に満足できなければ断ることもありえます。

 

車買取業者の中には、車を売るまで引き上げなかったり、出張費用や査定費用が発生するということで要求してくるところもあるので、警戒してください。口コミを判断材料にしてから出張買取をお願いするといいでしょう。

 

愛車を高価で手放すのであれば、下取りにするのではなく買取を選択するようにしましょう。買取を選択した方がよりプラスになることが多いです。それに、事故車や故障車を売りたいと思う時は、下取りの場合評価が低いため、得をするというどころか、廃車の費用がかかる可能性もあるでしょう。けれども、買取の場合は専門業者を選べば、正式に買取をしてもらうことができます。

 

自宅での買取依頼を申し込んでいたとしても、絶対に車を売却する必要性は存在しません。買取の価格に不満があれば拒否することもできるのです。

 

車買取業者の中には、売買成立まで居座ったり、出張費用や査定費用などの支払を求めるところもあるので、注意しましょう。事前に口コミをチェックしてから出張買取の申込をしたほうがいいでしょう。

 

車を売りに出すには手続きの過程でトラブルが起こることも多く、ネット査定と実車査定の取引価格が極端に相違が発生するというのは既に常識でしょう。契約が成立した後に都合の良い理由をつけて商品に傷が出来ると価値が下がることも珍しくない事です。高額査定の宣伝を謳う悪徳車買取業者ではないか良く調べ気をつけるようにしましょう。

 

車の査定を受けることが決まったら、車体についた傷をどうしたらいいか判断できないケースもありそうです。

 

これは傷の大きさによります。小さくて自分で直せそうなら、直しておくにこしたことはありませんが、あまり修理にこだわらなくても結構です。どうしてかというと修理して査定額が上がったとしても修理代金の方が大きくなってしまうからで、そこそこ大きな傷は直さずにその状態で査定を受け成り行きに任せましょう。

 

何かしらの理由により車検切れになった車は査定の対象になるかというとまったく問題なく査定は受けられますが、ただ、車検を切らしている自動車は公道走行は不可能ですから、出張査定を選択するしかありません。

 

お金をかけて車検を通し、それから売ることを考えるより、車検は放っておいて売ってしまう方が、必ずトータルでお得になりますから、さっくりと出張査定を受けることに決めてしまいましょう。

 

もちろんこういう出張査定も一社からではなく複数のところから受けておくと手間かもしれませんが得になります。愛車を手放すときに買取と下取りのどちらをチョイスすればいいのかというと、高く売るなら断然買取です。下取りならば買取よりも安く手放すことになってしまうでしょう。
下取りでは評価されない点が買取であれば評価してくれるということも多いです。特に事故車を売ろうとする時には、下取りにすると評価がずいぶんと低く、廃車費用を要求されるといったこともあります。

 

自動車を手放す際に、買取と下取りのどちらを選んだらいいかというとより高く売りたいのなら買取です。

 

 

下取りにすると買取よりも安い値段で車とお別れすることになるでしょう。下取りでは評価してもらえない部分が買取なら評価してくれることもあります。

 

特に事故車を売りたい時には、下取りだと評価がたいへん低く、廃車のための費用を請求されることもあります。

車買取のトップページに戻る